あんパン

こしあん以外は認めない

Macのセットアップとdotfiles

MacBook Pro Retinaが不具合連発でつらくなってきたのでとりあえずクリーンインストールすることにした。やったのは以下。さっさとやればだいたい2時間弱で全部おわる。

バックアップ

とりあえずユーザディレクトリの大半を外付けのHDDにコピー。iTunesはアカウントをDeauthorizeして、Adobeのアプリケーションもアンインストール

OSのインストール

何も考えずにインストールする。

もろもろのインストール

まず秘密鍵・公開鍵を生成して公開鍵をGitHubに登録をする。もろもろのインストールには masawada/dotfiles を使う。たいていこれだけで環境が整う。Linuxで使いたい場合は、setup/sample.shを適当にコピーして、中に書いてある通りに処理を書く。あとはsetup.shに分岐の処理を書いたらいい感じになると思う。GitHub Boxenとかあるけどあれあんまり好きじゃないのでdotfilesだけで完結するようにしている。これが意外と便利で、Alfredからslまで何も考えなくても必要なものはほとんど入る。

ChromeとGoogle日本語入力、App Storeからインストールするものだけ入らないので、別途入れる必要がある。ついでにAdobeのソフトウェア類も入れる。iTunesもAuthorizeする。

設定

システム環境設定

  • 壁紙変える
  • スクリーンセーバー変える
  • ホットコーナーでスクリーンセーバー起動
  • Dockの大きさ変える。ついでにDockの中身すべて捨てる
  • 文字入力ソフトをGoogle日本語入力のみにする。
  • ファイアーウォールをオンにしてAppStore以外からでもソフトウェアをインストールできるようにする。
  • ディスプレイの解像度をいい感じに設定する。
  • キーボードのCapsを殺してControlにする
  • キーリピートまでの時間とリピート間隔を最短にする
  • トラックパッドの設定を見直す
  • 音量調節時に無駄なフィードバック音が出ないようにする
  • WiFiの設定をする
  • ユーザ設定からデフォルトシェルをzshに切り替える
  • Accessibilityからズームをオンにする
  • Accessibilityからタップでドラッグ(ロック付き)をオンにする

アプリケーション

  • Google ChromeのGoogleアカウントログイン
  • 夜フクロウのTwitterログイン
  • Sparrowの設定

そのほか(ぼくはやらない)

そのままgit使うとコミットした人が僕になってしまうので

$ git config --global user.name hoge tarou
$ git config --global user.email hoge@example.com

とかする必要がある。

まとめ

masawada/dotfiles最高便利